【高コスパ自作PC】15万でGPU搭載PCを構築してみた~選定編~

はじめに

こんにちは、ジョンです。

僕は普段プライベートではSurfaceBook2 を使用していますが、機械学習、動画編集等の用途向けにスペックの良いGPU搭載デスクトップPCが安価に欲しい! と思い、今回、思い切って色々調べながらパソコンを構築してみました。今回は部品選定~購入編となります。

自作PCをこれから始めたい人向けの参考になれば幸いです。

ジョンの知識

僕自身がソフト・電気系エンジニアで、以前パソコンの製造をしていた所で少し働いていたので、PCの主要部品の知識有り、ノートPC、デスクトップPCの簡単な改造、異常状態の解析と修理等が出来る程度で、プライベートでのPCの自作は今回が初めてです。

基本知識 パソコン構成部品について

まず、はじめに、パソコンは主に下記の部品で構成されています。

  • CPU: PCの中央処理装置となり、基本性能を決める重要な部品
  • マザーボード: PCの各部品を載せる基板
  • メモリ: 主記憶装置 データ処理時に一時的に記憶する部品
  • SSD(HDD): OSやデータ保存用の内臓ストレージ
  • GPU グラフィックボード(必要な場合):画像や映像を円滑に映す部品、並列演算処理(機械学習等のプログラム)にも可能。
  • 光学ドライブ(必要な場合) :CD、DVD等の読込/書込を行う部品
  • 無線LANモジュール(必要な場合):無線でネットワーク接続する為の部品
  • 電源:PCの各部品に電源を供給する為の部品
  • PCケース:各PCパーツを組付けるための箱
  • OS:アプリや各部品を動作させるための基本ソフトウェア(Windows10, Ubuntu, iOS, Android)
  • 周辺機器:液晶ディスプレイ、マウス・キーボード等

PCの構成部品について知らない方はこちらのサイトに各部品の概要が載っていますので、下記をご参照ください。

 株式会社アスク https://www.ask-corp.jp/guide/pc-diy-part1.html

※プロでは無いため、内容が間違っている部分があればご指摘ください。

パーツ選定

今回はジョンのお財布の関係上、予算を15万と決め、機械学習や動画編集用途を想定しています。 部品は選定日(2018/12月時点)の最新のパーツを選びたいと思います。

優先順位

  1. 予算(15万)
  2. 性能
  3. 見た目(PCケース等)

今回は限りなく予算の金額を性能に回し、機能性重視で考えました。やっぱりパソコンも人間も中身が大事かなと。。。笑

パーツ選定順序

今回ジョンが欲しいPCは機械学習、もしくは 動画処理、ゲーミング等の重い処理を行う事を想定している為、GPUが必要な為、下記順序で部品を選びました。

  1. グラフィックボード(GPU)
  2. CPU、CPUクーラー等
  3. マザーボード
  4. メモリ、 SSD 、電源
  5. 周辺部品
  6. ケース
  7. OS

GPU、CPUを最初にする理由としては、PCの処理性能、金額で大半の部分を占める為です。また、電源の容量を決めるうえでも、GPU、CPUの消費電力が大半を占めるので、最初に決める必要があるかと思います。

次にマザーボードですが、メモリ、ストレージ用端子、拡張ボード用のスロット数、USB等の外部接続端子等も考えないといけないかと思いますが、ジョンは
CPUとの相性、ボードサイズを主にして検討しました。

ケースは、 今回は見た目は優先順位が低かった事もありますが、GPU、マザーボードのサイズでほぼ決まってくるかと思います。

OSに関しては、基本的に機械学習向けの為、Ubuntu OSを入れる事を想定してましたが、Windows 10 OSを入れるとしても変わらないため、優先順位は一番低くてよいかと思います。

選定時に参考にさせて頂いたサイト

BTOパソコン.jp  https://btopc.jp/repair/pc-diy-process.html

予算15万のGPU搭載PCのターゲット部品

今回の予算では、 価格.com、ネットショップ、Amazon等や程々に良いスペックの製品を調べた結果、下記を対象にしました。

GPU 価格帯:50,000~80,000円

性能的には、RTX2080、GTX1080Ti辺りが選択肢になるかと思います。

  • GeForce RTX 2070  PCIExp 8GB (メーカーは不問)
  • GeForce GTX 1080  PCIExp 8GB (メーカーは不問)
  • GeForce GTX 1080Ti PCIExp 11GB(メーカーは不問) 

CPU 価格帯:20,000~35,000円

CPUは今回AMDのRyzenに個人的に興味があった事、マルチタスク性能に優れている点からRyzenを使用する事にしました。通常のゲーム等の使用ならば、Core i5 9600K、Core i5 8600K等を選択した方がいいかもしれません。

  • Ryzen7 2700X
  • Ryzen7 2700
  • Ryzen 5 2600X

マザーボード 価格帯:8,000~18,000円

  • X470チップセット X470 MASTER SLI
  • X470チップセット X470 GAMING PRO
  • B450チップセット ASRock B450M PRO4
  • B450チップセット MSI B450 GAMING PLUS

SSD 価格帯:7,000~20,000円

容量は250GB~500GB、速度の面を考慮すると、オンボードタイプのM.2規格のSAMSUNGかIntelのSSDを選択肢に入れました。

  • SAMSUNG 970 EVO MZ-V7E500B/IT 500GB
  • SAMSUNG 970 EVO MZ-V7E250B/IT 250GB
  • Intel SSDPEKKW512G8XT 512GB
  • Intel SSDPEKKW256G8XT 256GB

電源 価格帯:5,000~12,000円

一般的には 、電源は選択した部品の消費電力の1.5~2倍程度あればいいのかと思います。また、24時間フル稼働まではいかないものの、ある程度の連続稼働を想定しているので、電源の効率の観点から80 PLUS認証マークがついている事を必須として、GOLD、Platinum、Titanium辺り、電源容量はざっくり500~750Wを選択肢として 入れたいと思います。

参考サイト: 【自作PC】電源ユニットの選び方を自作経験者がガチ解説する

パーツ購入

今回実際に購入した部品は下記となりました。

購入パーツ一覧
部品名値段型番メーカースペック購入先
GPU 54,999
GV-N2070WF3-8GCGIGABYTEGeforce RTX2070
8G メモリ内臓
ツクモ
CPU 30,600 Ryzen7 2700X AMD8コア16スレッド
Max 4.3GHz
Base 3.7GHz
ツクモ
CPU
冷却ファン
Ryzen7 2700X
付属品
マザーボード14,399X470 MASTER SLIASRockChipset X470
ATXサイズ
ツクモ
メモリ17,880CMK16GX4M2B3000C15CORSAIRDDR4 2×8GB
3000MHz
ツクモ
SSD8,778970EVO NVMe M.2
MZ-V7E250B/IT
SAMSUNGM.2 SSD 250GBツクモ
電源8,440NeoECO750GOLDAntec750W 80PLUS GOLDツクモ
PCケース4,320BECITE Black
ECB3080BB-03
ENERMAX ATX規格(W×H×D)
194×460×440mm
ドスパラ
SSD用
ヒートシンク
557HM-21AINEXAmazon
OSUbuntu 18.04 LTS
液晶ディスプレイ持っている物を使用
マウス・
キーボード
持っている物を使用
合計金額150,780

今回、 殆どの部品をツクモで購入しましたが、購入時点のセール品を店員さんに相談しつつ、最終的に部品を決めています。

ツクモで買った時のレシート

店頭で初めてPCの部品を購入しましたが、店員さんに予算やPCのサイズ等の要望を伝えるとその範囲で、セール品も含めて最適な製品でお見積りしていただけました。
ネットショップ & Amazon ヘビーユーザーのジョンですが、今回は秋葉原のツクモの店頭購入の方が、ネットで見積もった金額よりお買い得に買えました。

初めての方は、自作PCの詳しい店員さんに相談しながら購入する事をお勧めします!

PCケースに関しては、手で持ち帰る事が大変だった事と、ツクモで配送の場合、数千円かかるとの事だった為、安価で評判も悪くない物をドスパラのオンランショップで購入しています。
このケースは5インチFANが2つ付属しており、アクリルウィンドウも有り、ジョンとしては見た目も悪くなく、非常に満足しています。

PCケース: ENERMAX BECITE

OSは今回購入しませんでしたが、 ツクモWindows10 OSを入れたい方は+15,000程度で購入できるかと思います。

また、実際には、PayPayの100億円キャンペーンの20%キャッシュバックもあり、総額で実質12万くらいで部品購入できた為、非常にお買い得でした笑

最後に


今回は選定~購入まで行いましたが、 CPUはRyzen7を購入したので、マニュアルをつけてくれました。このマニュアルに沿って組み立ていきたいと思います。

今後は組立&セットアップ編、使用編の記事も書いていけたらと思っています。

もし他にも気になる事や知りたいこと等ございましたら、コメントへお願いします。